M&Aコンサル事業
M&Aコンサル事業
M&Aコンサル事業

ENTERPRISE

事業

ENTERPRISE

事業

ENTERPRISE

事業

m_aコンサル事業
m_aコンサル事業
m_aコンサル事業

M&Aとは?

買う側と売り側を数多く、実際の事業会社で実施してきた実績が、通常のM&A会社との大きな違いです。
買う側の悩みや、メリット・デメリットを実際の事業経営の中で数多く経験し十分に理解しています。
売る側の悩みや、メリット・デメリットを実際の事業経営の中で数多く経験し十分に理解しています。


私たちのM&Aコンサル事業の強み


M&Aイメージ

ビジネスデューデリジェンスが可能です。 財務デューデリジェンスが可能です。 法務デューデリジェンスが可能です。 適切な売買価格の算定が可能です。 双方に納得のいく根拠ロジックの作成が可能です。

M&Aイメージ

事業承継におけるM&Aは、オーナーに後継ぎがいない等の際、他の会社へ引き継ぐことを指します。
同じ考えを持っている事業承継者に新たなオーナー・経営者になってもらうことで会社を維持、発展させることができるため、 事業承継対策として有力な方法といえます。
事業承継によって経営者の若返りが進み、投資や事業の見直し等の効果によって経常利益率が増加するなど、良い傾向も期待できます。

メリット・デメリット



メリット

買収者

・時間をお金で買える、売上利益人材を短期的に増やす事が可能
・スケールメリットにより、管理コストの削減、購買力の向上などにより利益効率があがる
・長期間にわたり築き上げられたブランドなど帳簿に乗らない価値を手に入れる事が可能
・既存事業との相乗効果、異業種への参入など可能

売却者

・売却により、大きな資金を手に入れる事ができる
・従業員の雇用や、お客様など事業を中長期的に維持できる
・更なる拡大などステージに合わせた経営スキルを持った経営陣などに売却する事で、企業価値の向上が見込める
・自分の作った会社を世に残す事ができる(事業承継問題など)


デメリット

買収者

・企業文化の違いなど、思ったような成果が出ない事もある
・市場環境の違いなどにより、思ったような成果が出ない事もある

売却者

・従業員やお客様から、不平不満が出る事がある
・希望の売却額では無いケースもある

メリット・デメリット


メリット


買収者

・短期的に売上や利益を急速に伸ばすことが可能になる
・銀行等、スケールメリットが活かせる業界では規模が拡大すればそれだけコストを削減できる
・新規参入の場合は、ブランドを一から構築する必要がなくなり、成功確率も高まる
・チャレンジできなかった新規事業にも取り組める可能性が出てくるため、さらなる事業拡大が期待できる

売却者

・従業員の雇用を継続できる
・技術やノウハウを後世に残し、さらに発展させていくことができる
・そのステージの経営が得意な経営者に会社を託すことで、会社の発展につながる
・大企業に会社を売却する場合は経営が安定し、従業員も大きなステージで仕事をする経験をもつことができるようになる
・売却により、オーナーは大きな資金を得る事ができ、新たな事業を開始したり、新しい人生を踏み出せる

デメリット


買収者

・協力体制によっては、M&A後投資の割には成果が上がらない可能性がある
・営業方針などの違いにより効率化を損ね、企業の価値を損ねてしまう可能性がある

売却者

・企業融合が上手くいかなかった場合、会社の価値が下がる可能性がある
・会社の買収者が名誉を傷つける行動を起こした場合、売却した自分の会社の名前に傷がつく
・取引先や従業員から不満が出る可能性がある
・希望する条件で事業承継してくれる企業が見つからないこともある
・互いの企業の方針や営業方法などのすり合わせに時間を要する

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談、お問い合わせはこちらから

TEL 06-4709-3085
(平日 09:00~18:00)

メールによるご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談、お問い合わせはこちらから

TEL 06-4709-3085
(平日 09:00~18:00)

メールによるご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。


お電話でのご相談、お問い合わせはこちらから

TEL 06-4709-3085


(平日 09:00~18:00)

メールによるご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ